​ねじの職人

浅井製作所

​- 本物のねじを使った指輪 -

有限会社浅井製作所のねじ職人が手を掛ける一品。本物のねじを使用しています。日常で目にする量産もののアクセサリーは、鉄や真鍮製で作られている事が多いですが、浅井製作所では工業部品ではよく使われるもアクセサリーではあまり使用されておらず、ステンレス素材「SUS303」を使い、そこに「本物のねじ」を締めこんで商品にしています。

​- 指輪の誕生秘話 -

ネジ職人は自分の大切な人に、指輪を贈ろうと考えていた。真ん中の宝石は何がいいだろう。彼女の指には金か銀どちらの色が映えるだろうか。どんな綺麗な宝石なら彼女は喜んでくれるのだろうか。しかし、彼が提案する指輪を、彼女はことごとく却下した。彼は思いあぐねた。やはり、毎日毎日、油まみれになってネジを作っている男から指輪をもらっても嬉しくないのだろうか。
そんなある日、彼女は彼が作っているネジが欲しいという。ネジなら売るほどあるから、いくらでもあげられる。しかし、何に使うのだろうか。彼は尋ねた。彼女はこう答えた。
「あなたは、綺麗な指輪を私のために、選んでくれるけど、私はその辺で買えるような指輪なんて欲しくないの。あなたが毎日毎日油まみれになって作る、そのネジを使った指輪が欲しいの。」こうして、作られた指輪が浅井製作所が初めて作った指輪です。